山下ウィンドのこだわり

店舗のデザインから什器、別注家具などを専門的に手掛ける山下ウインド製作所は、創業から40年以上にわたって多くの店舗や公共施設などを手掛けてまいりました。このページでは、山下ウインド製作所が持つ強みや仕事に対する思いなど、私たちのこだわりをご紹介します。

過去から未来へ技術を伝承する責任
山下ウインド製作所の創業者は、家具職人でした。仏壇など細工を施してつくり出す付加価値の高い家具を得意としており、技術力という私たちの強みはこの当時が原点となっています。
その後、家具作りから店舗デザインなどの内装全般に業務を広げ、着実に成長を続けてきました。活躍の場は広がっても、技術力から生まれる高い付加価値という強みは変わっていません。
今では全国各地のあらゆるところ、さまざまな店舗のお仕事をいただくようになり、やはり技術力に勝る信頼はないということを強く実感しています。
技術力というのは、人の手から手へ受け継がれていくものです。私たちが長年の仕事を通じて培ってきた技術にはオンリーワンと言えるものも多く、それを次の世代に受け継いでいくことも大切な使命であると捉え、その使命を果たすべく日々取り組んでいます。
ひとつひとつの製品が役割を果たすために
店舗で使用される什器や別注家具は大量生産されるものではなく、ひとつずつ手作りによって生み出されます。美しい仕上がりや使い勝手の良さなどは什器・家具類に求められる基本的な性能ですが、山下ウインド製作所がつくり出す製品は店舗や各種の施設に設置され、それぞれの役割を与えられて使用されるものです。
例えば、店舗や商業施設に使用される什器・家具類に与えられた最終的な目的とは、快適で魅力的な空間を演出して売り上げに貢献することです。それができてこその価値であるという考えを持ち、それぞれの製品が役割を果たすためのものづくりに取り組んでいます。
山下ウインド製作所の製品が使用される場所は、実に多彩です。ショールームや物販店、飲食店、公共施設、保育所など、ここに挙げた場所だけを見てもイメージや雰囲気、そして目的が異なります。このように多種多様な場所で使用される製品が同じで良いはずはなく、それぞれの場所に応じたデザインや仕様をカタチにいたします。
「もったいない」の心から生まれたお値打ち商品
すべてがオーダーメイドで作られる山下ウインド製作所の製品は、どれも事業向けの特別仕様です。製造現場では何らかの端材や余った材料などが生じてしまうわけですが、特別仕様の製品づくりに使用している材料なので耐久性や外観などに優れており、不要だからといって捨ててしまうのはもったいないと感じていました。
ゴミの減量や資源の有効活用というエコの観点や、個人的にDIYなどを楽しんでおられる方や事業向けの特別仕様で作られた家具類を購入したいという方からの声にもお応えして、こうした「もったいない」と思われる材料や製品を格安でお譲りしています。
端材や余りものなどから生まれる商品のため、常時在庫があるわけではありませんが、それゆえに掘り出し物も多数あります。宝探しの気分でこうした「もったいない」商品をお楽しみいただければと思います。
家具の山下は内装の山下へ、そして未来の山下へ
家具職人の個人事業としてスタートした山下ウインド製作所は、お客様のご要望にお応えする形で店舗デザインや内装工事などにも着実にフィールドを広げ、現在に至ります。
もちろんこれが最終形ではなく、次の世代に向けてのビジョンを描いています。
建築士や施工管理技士の有資格者を配置し、建築、設計、そして施工というゼネコンのような業務への拡大を予定しています。もちろん高付加価値の什器や家具の製造という基本は変わらず、山下ウインド製作所だけで店舗工事のあらゆる業務が完結するワンストップサービスを目指しています。